ドイツワーホリ

ドイツ語学留学体験談!市民学校VHSの期間、費用、感想など

ドイツ, ワーホリ, ドイツ語, 語学留学, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 市民学校, 体験談, 費用, 期間, 内容, レベル

Sponsored Link


ドイツのベルリンでワーキングホリデーをしている間、市民学校(Volkshochschule、フォルクスホッホシューレ、以下VHS)でドイツ語を2ヶ月勉強しました。

ドイツでは民間の語学学校に通ったことがないので、私自身の体験で比較することがまだできないのですが、2ヵ月通った感想としては、VHSは良かったと思います!
そこで、今回はVHSの特徴や学んだ内容、クラスの雰囲気などなど全てをまとめます。

ドイツで語学留学しようかな、とお考えの方も選択肢の一つとしてお考えいただければと思います。

Sponsored Link


私が通ったベルリンのVHS(フォルクスホッホシューレ)

VHS, リヒテンベルク

ベルリンには何校かVHSがあるのですが、私はリヒテンベルクにある学校を選びました。

特に理由はないんですけど、自分の家からアクセスが良かったこととベルリン中心部から少し外れているので待たずに入れそうだったのでここに。
(中心部は順番待ちらしい)

校舎は古いのですが、いい意味で古く趣があり清掃も行き届いて清潔感があります。
電車の駅は遠いですが、トラムがあるのでよし。

授業料払う窓口のお姉さんはちょっとそっけなくて怖いですが、それ以外の職員の方は親切でした。

Sponsored Link


VHS(フォルクスホッホシューレ)で学んだコース、レベル

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 感想

ドイツ語の語学学校のレベル分けは通常このようになっています。

初級 A1(アーアインツ)
A2(アーツヴァイ)
中級 B1(ベーアインツ)
B2(ベーツヴァイ)
上級 C1(ツェーアインツ)
C2(ツェーツヴァイ)

さらにA1がA1.1、A1.2という感じで、それぞれのレベルが2モジュールに別れています。

どこまでやろうか…というのが悩ましいところではありますが、ドイツの大学に行きたければC1までの技能が必要と言われています。

B2以降は語彙力が物を言う感じらしく、B1までやれば一通りコミュニケーションをとる上で問題ないと聞いたので、私はB1まで終わらせたかったんですが…

通った期間、1レベルに2ヵ月!

VHSは1モジュールに1ヶ月かけます。
9〜13時の4時間、週5を4週間。

A1(A1.1+A1.2)を終わらせるので2ヶ月かかります。
ってことはB1終了まで半年くらいかかるわけですよ。

ワーホリ半分終了しますやん。

ワーホリだし。一年だし。
語学留学ビザならまだしも、もったいない。

ワーホリ以降もドイツで暮らすつもりならいいんですけど、ちょっと分からなくなってきたのでA1だけ学校に通って、A2以降は自分で進めることにしました。

1モジュールにかける期間は学校によるようで、2ヵ月でA2まで終了したという友だち情報もあります!
VHSがじっくり時間かけてやっている疑惑です。
あまり駆け足だと定着が追いつかないので、その点はVHSのじっくり感は良かった気がします。それでも早いと感じましたが。

Sponsored Link


クラスの雰囲気、生徒の国籍やレベルは

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 感想

それまでちょこっとアプリ使って勉強はしてたものの、本当にドイツ語を学び始めるのは初めてだったため、そんな私はもちろん一番下のA1.1からスタートしました。

1クラスの生徒数は20人!
これは語学学校としては、かなり大規模なほうです。

生徒のレベル

20人くらいいた生徒のうち、すでにドイツ語の知識があったであろう生徒は2人くらい。
あとはほぼほぼ、今から始めます!何も知りません!というレベルで、私もそんなもんでしたのでとても気が楽でした。

VHSは1ヶ月のモジュールの途中から入れません。
さらにほぼ全員が一緒にA1、B1と上がっていくので同じメンバーと同じ先生でずっとやっていく連帯感と安心感があります。

毎週新しいメンバーが入っては去る民間の語学学校との大きな違いかもしれませんね。

生徒の国籍

リヒテンベルクは移民が多い地域です。
特にアラブ系、ベトナム移民が多い。
よって、アラブ諸国、ベトナム人の生徒が半分以上ですかね。

あとは南米からアルゼンチン、ベネズエラ、ブラジル、
ヨーロッパからイタリア、モルドバ。

日本人は私だけでした。
日本人っぽい人はおろか、韓国人中国人風の人も学校内で見かけませんでしたね。なぜか。
私立の学校に行くのかな?

生徒の年齢

VHSは市民学校という特性もあるのか、語学留学を目的としている人はおらず、ドイツで根を張ろうとしている人が通っているという印象です。

もうドイツで何年も暮らしていてようやく落ち着いたので学び始める人、家族で移住し始めた人、ドイツで職を得たいと考えている人などなど。

なので年齢層は幅広く、18〜40歳くらい。
30代が一番多かったかな?

民間の語学学校だと10〜20代前半が多く、バケーション感覚の人も多かったりするので、勉強を主たる目的としていて、自分と同世代の人たちが多かったのは良かったと思います。

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 感想

民間の語学学校にあるような、ツアーなどのアクティビティは皆無ですが、A1最後の日は生徒からの提案により教室でパーティがありました。

授業はドイツ語で進むが、英語も?

まじで何も分かりませんという生徒を相手に、どうやって授業を進めるのかと疑問に思われるかもしれませんが、容赦無くというか当然全てドイツ語です。

先生は英語も話せますので、もう生徒が分からなくて仕方ない!というときは英語で説明してくれました。
しかし、英語も分からない生徒がけっこういまして…
そういう生徒さんは、大変そうでした。

そんな感じで、英語がみんなの共通言語というわけではないのです。
絵を描いてでも何とかドイツ語で説明してくれようとする先生の心意気を私は本気で尊敬してます。。。

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 感想

授業中続々と分からない単語が出てきますので、辞書は手放せません!

VHS(フォルクスホッホシューレ)の先生は?

語学学校の質は先生によるので、どこも変わらない。と言われています。
なので、VHSだからどうということはないと思います。

なぜか一つのクラスに先生が二人いて、曜日で交代していました。
月火水はA先生、木金はB先生。

A先生はイタリアとドイツのハーフ、イタリア育ち。
明るくて声が高くて、挙動がかわいい。
楽しく学ぼうと努力してくれていて、ゲームを取り入れたりスピーキング多めの授業スタイル。
宿題少なめ。

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 感想

B先生はウクライナ出身。
十うん年前にドイツに来そう。
ひっつめ髪でちょっと厳しく声がでかいので怖い印象があるが、基本いい人。
宿題どっさり。
A先生がインタラクティブな授業に対して、B先生は教える形の授業っぽい授業という正反対さ。

A先生のほうが生徒から好かれてる感じはしましたが、私はB先生のほうが勉強と効率という点では好きでしたね。
まあ好みの問題でしょう。

二人とも正反対でしたが、生徒の疑問には徹底的に答えてくれる良い先生でした。

Sponsored Link


ドイツ語学学校A1で習った内容

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, 感想

VHSで使った教材は、「今日は現在形を勉強します!」という文法ごとに習うのではなく、シチュエーション設定になってました。

  • 自己紹介
  • 買い物
  • 数字、時間
  • 病院、体調不良の説明
  • メールでの問い合わせ、依頼
  • 旅行、道案内
  • パーティの招待

などです。
それぞれのシチュエーションでそのレベルに相応しい文法を学んでいくって感じです。
文法的には現在、過去、助動詞、命令あたりを勉強しました。

中1の英語とかもう大昔過ぎて思い出せませんが、こんな感じのレベルだった気がします。

VHSで使用した教材

教科書, VHS, ドイツ語

Linie1というシリーズの教科書とワークブックの二冊を使いました。
授業で使う想定の教科書だと思うので、文法の説明などは少ないです。

授業が始まる前までに用意しておいてねと言われたのに、授業始まってみたら先生が販売してくれたのと、ワークブックの指定はなかったので、あれ?って感じです。

VHSの授業料、かかった費用

授業料€205 × 2モジュール
教科書€15 × 2モジュール
ワークブック€11(A1で一冊)

合計:€451
€1=120円計算で54,120円。
安いととらえるか、高いととらえるか。

英語の語学留学経験者としては、かなり安いと思うのですが!

A1だけで十分?不十分?

不十分感しかないのですが。
A1を受ける前と後では、世界が変わる感覚があります。

思えば、何も言葉が分からない環境はかなりストレスだったように思います。
標識や看板の内容が分かったり、生活する中で簡単な会話、例えば買い物やカフェでの注文もできるようになって、だいぶドイツライフの快適度が変わりました。

0から1になる変化はすごい!

数字とか、店員さんとの会話も学ぶので、飲食店で働くこともできると思います。
(それすら分からなくても働くことはできるのですが)

それまでも日常会話を覚えようとしてみたこともあったのですが、基本的な仕組みが分かってないとただの暗記になって、本当には覚えられないんですよね。

Sponsored Link


A1からA2の間に進級テストがある!

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, テスト, Telc

VHSに通って驚いたのが、A1.2で実力テストがあるんです!

テストの内容はドイツ語の検定試験の一つ、Telcと同じ。
授業内で受けるのでもちろん公式ではないのですが、実力を確かめるのと雰囲気を知るには十分。

このテストの点があんまりにも悪いと、次のモジュールA2に進むことができないのですがA1は本当に簡単なので、よっぽどでないとそんなことは起こりません。

テストの内容

テスト内容は4技能でかなりちゃんとしている!

  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング

リスニング、リーディングはいいとして。
ライティングは旅行会社に観光情報の問い合わせメールを書くというA1のくせにわりとガチという印象。

スピーキングは自己紹介、受験者二人で組んで配られたカードから想起する質問と回答をするというもの。

受験者どうしで組むのが不思議です。
組む相手で結果変わるよね〜〜〜
グループは自分で好きに決められる方式だったので誰と組みたい、誰と組みたくないという争奪戦が、、

A1終了時に修了証がもらえる

まあ、なんの効力ももたらさないのですが。
テスト結果と、修了証を最後の日にいただけます。
気持ち的に褒められた気がしてうれしいわけです。

ドイツ, ワーホリ, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ, テスト, Telc

Sponsored Link


語学学校VHS(フォルクスホッホシューレ)通った感想

通ってよかったと思います!
アクティビティは無いし、みんな大人で落ち着いているので友達を作りたかったらVHSじゃないほうがいいかもしれません。
私はただ勉強したかったのでちょうどよかったです。

ベルリンは英語だけで生きていけるとよく言いますが、それでもドイツです。
ドイツ語にまみれているわけです。
ドイツ語の基本的なことが分かるだけで
ドイツで生きる快適度が爆上がりします。

そして、自分で勉強することもできなくはないと思うのですが、よほどの固い意思がない限り難しいでしょう。

学校に通うと強制的に一日4〜5時間を8週間、1モジュールでトータル200時間勉強することになったので、かなり身についたと思います。
0から1に上げるときが何事も一番しんどいので、そのしんどい時期を学校で勉強するのは意味があると思います。

あとは自分で続けられるか…
頑張れ自分〜

VHS(フォルクスホッホシューレ)に通ってみたくなった方は申し込みの体験談をまとめた記事もご参考ください♪

あわせて読みたい
ドイツ, ワーキングホリデー, ワーホリ, ベルリン, 語学学校, VHS, フォルクスホッホシューレ
ドイツの語学学校、市民学校VHSに通う!申し込み手続き、学費は? ドイツに来てから早2ヶ月が経とうとしています。 ノービザで入国して、ようやくワーホリビザの申請が終わったところですので、観...

Sponsored Link