イギリス留学

旧ポンド紙幣は使えない!?イギリスの銀行で新紙幣に交換した体験

イギリス, ポンド, 交換, どうやって, 方法, 銀行, 旧紙幣, 新紙幣

Sponsored Link


イギリスのポンド紙幣が新しくなっていることをご存知ですか?
渡英前に買った最新のガイドブックすら、このことに触れておらず旧紙幣を載せていたので私は渡英してびっくりしました。

お店では旧紙幣の受け取りを拒否されてしまいますので、銀行で交換する必要があります。

この記事は私が2019年1月にイギリスへ留学した際に、現地でポンドを新紙幣に交換したときの体験談です。
状況は変わりゆくのでご注意ください><

Sponsored Link


新しくなったのは5ポンド、10ポンド紙幣

イギリス, ポンド, 交換, 旧札

イギリスで現在流通しているのは
5ポンド、10ポンド、20ポンド、50ポンド紙幣。

上記画像は上が旧ポンド、下が新ポンド。
そしてこちらが旧10ポンド紙幣。

イギリス, ポンド, 交換, どうやって, 方法, 銀行, 旧紙幣, 新紙幣

2016年に5ポンド札、2017年に10ポンド札が新デザインに切り替わったそうです。
2019年現在、20ポンド、50ポンド札は従来のままです。

大きな変化は紙のお札からポリマー製になったということ。
新紙幣はホログラム加工や、透明のフィルムなど偽造防止加工がふんだんに施されています。

ポリマー製なので、水にも強く丈夫。
うっかりポケットに入れっぱなしにして洗濯しちゃっても無事、らしいですw

私は2019年1月に渡英した際、知人から旅行した時に余ったポンド紙幣をもらいました。

いざ現地にて支払いをすべく、お店のレジにて差し出したところ『これは使えない』と受け取ってもらうことができませんでした。
私は新紙幣になっていたことを全く知らなかったので、とてもとても焦ったのですが
聞くとこれは古いお札で、銀行で変えてもらってくれと教えてくれました。

Sponsored Link


どこで交換?旧ポンド紙幣は銀行に持っていく

旧ポンド紙幣, 交換, 紙幣, イギリス

銀行にいく前、旧ポンド紙幣は本当に銀行で交換できるのだろうか?
と疑問に思い、ネット検索して情報収集をしました。

すると、
もはや銀行すら交換できない!
イギリスの中央銀行にあたるBank of Englandに送らないと替えてもらえない!
という記述が!

そんな状況だったので、ダメでもともと。
近隣の銀行にとりあえず持って行きました。

私が行ったのはBarclays、バークレイズ銀行です。

銀行に入ると案内のお姉さんがいるので
I would like to exchange my old pounds.
古いポンドを交換したいです。

と言うと、カウンターに案内してくれました。
すぐに新紙幣に交換完了!

あら、簡単…
普通の銀行では交換できない説は…?

 

言うことがあるとすれば、カウンターにはあまりお札の用意がないようで
あまりたくさん持っていくと、その場で交換できず、銀行口座への振込になる
とその時窓口で対応してくれた方が言っていました。

 

Bank of Englandのサイト(How to exchange banknotes)では、旧ポンド札の交換方法を下記の方法で記しています。

  • イギリスの口座を持っていれば預け入れる
  • 郵便局では支払いに使える
  • バンクオブイングランドに郵送または窓口へ直接行く

ただ、上記の方法は渡英したての留学生や旅行客には現実的じゃないですよね。
郵送するにもIDや住所の証明が必要だそうですし。

最寄りの銀行に持参して、その場で交換してくれるのが一番ありがたいですよね。

Sponsored Link


 

旧ポンド紙幣はいつまで交換できるのか?

それが疑問。ですよね。

調べたところによると、10ポンド札の交換期限はもう過ぎているようなんです。

Old paper £10 notes will cease to be legal tender from 1 March 2018
・・・

The deadline to spend or exchange old £10 notes – featuring naturalist Charles Darwin – is 1 March.
・・・

To exchange an old tenner, people can either post the notes to the Bank of England, or visit the Bank in person in the City of London.

The Bank will exchange all old £10 notes indefinitely.

引用元:BBC

2018年3月にすでに法定通貨としての期限は切れていて、使用することも交換することもできないんですが、バンクオブイングランドで交換が可能で、銀行は不明確ながらも古い10ポンド紙幣を今後も交換し続けるでしょうと言っているんですね。

いつまで交換できるのか分からないという解釈ができるかと思います。
さらに言うと、私がバークレイズ銀行で交換できたのはなぜ?奇跡?という疑問が。

20ポンド、50ポンド紙幣も新しくなるらしい!

イギリス, ポンド, 交換, 旧札

現在は紙の20ポンド、50ポンド札も追い追いポリマー製の新ポンド札に切り替わるそうです。

20ポンドはすでにデザインも決まっていて2020年に発行予定。
50ポンド札は2019年夏に誰がお札になるのか発表されるそうです。

まとめ

現行の5ポンド、10ポンドはすでに切り替えが終了している、
20ポンド、50ポンドは随時切り替わっていくということがわかりましたね。

新紙幣への交換はBank of Englandで行えるというのは確実ですが、
私ができたように銀行によって対応が違いそうです。

また、交換期限過ぎている現状でも対応しているものの、本当のデッドラインがいつ来るかも分からないので、もし旧札を持っているようでしたら早く替えたほうがいい、というのは間違いなさそうです。

刻一刻状況は変わるかと思いますので、こちらの記事はあくまで参考として、ご自身で最新情報をご確認されることをおすすめします><

Sponsored Link