イギリス留学

海外留学保険のおすすめはどれ?私がt@biho(たびほ)を選んだ理由

海外留学, 保険, おすすめ, t@biho, たびほ

Sponsored Link


気づけばイギリス留学まであと数週間。
焦って準備中。

留学準備でやらなきゃいけないことリストに必ず入っているのが、保険に入るっていうこと。

私は検討した結果、t@biho(たびほ)にしました。
この保険に決めた理由をまとめておきます〜

Sponsored Link


私が加入した『t@biho』のプラン

留学, 保険, おすすめ, t@biho, たびほ引用元:価格.com

私が加入したt@bihoの保険は、31日超留学の保険料節約プラン。

行き先によって違いますが、
ヨーロッパ6ヶ月で77,310円。
すごく安い。

プランは二種類。
保険料節約プランかおすすめプランか。
他にカスタマイズもできますが、シンプルで分かりやすいところも自分的には高評価。

AIGだと、長期留学保険で8つくらいあります。
選べる選択肢が多いのはメリットでもありますが
モノグサの私はめんどくさっ!ってなります。

t@bihoの保険料節約プランとおすすめプランの違いは、補償金額が多いか少ないか。

留学, 保険, おすすめ, t@biho, たびほ引用元:t@biho

これもありがたいポイント!
何かの補償が全くない、となると困ってしまいますが、金額減るだけで補償内容は同じなんです。

Sponsored Link


私が留学保険にt@bihoを選んだ理由

海外留学保険は山のように選択肢があって、それゆえどれも似たり寄ったりに見えるんですが、t@bihoは割と唯一無二的な個性があるなと思います。

それが選んだ理由です。詳しく説明します〜

t@bihoは他社と比較しても断然安い

先ほど申し上げましたとおり今回私が契約したプランで
77,310円。

色々資料請求したり他社のプランと比較したんですが、断然安い。
だいたい半年だと補償内容減らしても他社だと10万円くらい
AIGの似たような補償内容のプランで131,210円

 

t@bihoが安い理由は、ネット専用だから。

留学, 保険, おすすめ, t@biho, たびほ引用元:保険市場

運営コストや経費が削られた分、保険料も安くしてくれてるのです。
なので補償内容、保険金は他社と比べても劣らないのです。

補償内容が他社プランに劣らない

海外留学保険はこの三つが補償に入っていることが肝です。

  • 健康保険
  • 損害保険(盗難)
  • 生命保険

しかし保険料を抑えようとすると、補償内容を減らす、保険金が少ないプランを選ぶってことになります。

金額だけで比較したとき、t@biho以外で安かったところは、東京海上日動で82,050円でした。
しかも補償内容が傷害死亡、傷害後遺障害、治療・救援費用だけのプランで。

留学で、寮に入る場合なんかは寮の備品壊しちゃったときとかのために生活用動産の補償が付いてないといけませんよ、と言われるのでこれではNG。
ケータイ、PC、カメラなんかが壊れたときのための携行品損害も付いててほしいし。

JTBとAIGの合弁会社!安心の母体

留学, 保険, t@biho, たびほ引用元:たびほ

t@bihoの引受保険会社はジェイアイ傷害火災保険。
旅行代理店のJTBと損害保険のAIGの合弁会社です。

どちらも大手で有名な企業。ブランド力がありますね!

ここで疑問。AIGって海外留学保険やってるんです。
比較サイトで海外留学保険ランキング1位とか取ってます。

ってことは、補償もAIGクオリティなのでは?

 

私はとある留学エージェントを通して留学先を決めたのですが、そこがAIGの代理店なので、AIGの保険をおすすめしてくるんですね。

で、キャッシュレスでかかれる提携病院があることを強調されたんですけど、調べてみたら、AIGをもってしてもイギリスにはロンドンしかキャッシュレス提携病院がない!

私留学先ロンドンじゃないし!
t@bihoの提携病院と一致してるし!
だったらt@bihoでいいじゃんということで…

ネットで完結できる

t@bihoお申し込みから保険金の請求まで、すべてネットで完結できます。

それが果たして便利なのかは実際に使う段階にならないと分からないのですが、渡航前時点で便利だな〜と思ったのは、
マイページから英文の付保証明書をダウンロードできる点、
保険期間等の変更もネットでできる点。

特に!
付保証明書がネットから即取得できるのは、超便利です!

3通貨7言語でマイページから即発行できます。
あいにくポンドはありませんが、円・ドル・ユーロから選べます〜

留学先の学校で提出が求められることがあるので発行はマストなのですが、大抵の場合、電話で発行依頼をして、郵送で送られてくるのを待つことになります。

だいたい無料ですが電話も面倒だし、郵送も時間かかるし…

その点t@bihoなら、うっかり間に合わなくても留学先でプリントできますね^^
しかしこの時代になぜネットからダウンロード方式が採用されないのか。

t@bihoで懸念があるとすれば

強いて言うなら、口コミで何件か問い合わせの対応が悪いと書かれていたことですかね。

これも自分が使ってみないとわかりませんが!

Sponsored Link


短期間の留学なら保険に入る必要はない

短期留学, 保険, クレジットカード引用元:picjumbo

私は今まで数週間、数ヶ月レベルの語学留学を計3回したことがありますが、いずれの場合も保険には入りませんでした。

クレジットカードの付帯保険で十分だと考えたからです。

 

海外留学代理店は売ればマージンが入るので保険を勧めてきますし、保険会社は自分たちの商品を売りたいのでクレジットカードの付帯保険では不足している、補償が十分じゃないと脅してきますが、そこは負けずにノーと言ってしまえば大丈夫。

私は楽天カードの利用付帯の保険に入ってました。
幸い使うことは無かったのですが、今あらためて補償内容を見てみても、まあ十分なんじゃないかと思います。
3ヶ月以内の留学ならクレジットカードの保険で十分!

足りてないものと言えば、航空機遅延費用、航空機寄託手荷物遅延等費用あたりですが、これは海外でのケガや病気の治療に比べたら大した額じゃないので無くても死ぬほど困る事態にはならないでしょう。

保険って『万が一なったらとんでもない額を払わなければならない』ものに掛けておく。が基本的な考えですからね。

Sponsored Link


まとめ

私がt@bihoにした理由って、t@bihoさん自身が推してるセールスポイントのままなんですがw
でも本人が言うより他人が言うほうが信じられるじゃないですか。
あ、私t@bihoから一銭ももらってませんよ!

留学保険をt@bihoにして正解だったかどうかは実際留学してみて、使ってみないと分かりませんが、現時点では特にプライス的には大満足の選択だったと思います。

現地で保険使うことになったらまた報告します!

Sponsored Link