イギリス留学

ロンドン→パリが2,000円!?Flixbus(フリックスバス)乗り方ガイド

Flixbus, フリックスバス, ロンドン, パリ, 高速バス, チケット, 格安, 予約, 購入, 荷物規定, キャンセル, 乗り方, 出国審査, 入国審査

ロンドンからパリへは、なんとバスで行けます!

飛行機、電車(ユーロスター)など他にも方法はありますが、高速バスが断然安い!
もちろんその分時間もかかりますが、ずば抜けて安いので私はバスで行っちゃいました汗

今回はヨーロッパ各地に路線を持つ格安高速バス、Flixbus(フリックスバス)でイギリスからフランスへ行った時の体験談と共に乗り方や注意点を徹底解説します。

Flixbus(フリックスバス)とは

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り場, バス停Photo by mimi

Flixbus(フリックスバス)はヨーロッパを中心に1,700もの地域を運行しているドイツの会社です。

Flixbus(フリックスバス)チケットはどうやって買う?

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, チケット, 購入方法引用元:Flixbus

私はフリックスバスの公式サイトから購入しました。
日本語はありませんが、もちろん英語が選択できます。

トップページからチケット検索をします。

  • 出発地(From)にLondonを入力
  • 目的地(To)にParisを入力
  • 出発日(Departure)を選択
  • 往復の場合は(Return)も選択
  • 人数(Passenger)を入力
  • 検索!(Search)

パリはBercy(ベルシー)とCDG Airport(シャルルドゴール空港)の選択肢がありますが、パリ中心部を観光するならベルシーがgood。

好きな時間帯を選んで、個人情報の登録、支払いに進みます。

ロンドン→パリ何時間かかる?

私が乗った昼間の便は10:00ロンドン発、19:40パリ着。
所要時間は、8時間40分

うわお汗

朝発の便だとちょっと早いので7時間55分、
深夜便で8〜9時間くらいのものがありますが
だいたい8時間半というところですね。

ロンドン→パリチケットの値段

時期にもよりますが、ざっと見たところ
ロンドン〜パリ(ベルシー)の片道で15〜40ユーロ程度。
2,000〜5,000円というところですね。

週末休日や昼出発の便が高くなるようです。

私が購入したのは10時ロンドン発、19:40パリ着の昼便片道で
16.99ポンドなので、2,300円くらい。

予約が完了すると、Eチケットと荷物につけるタグがダウンロードできるので印刷しておくといいですね。

で、予約に進めばいいわけですが、
ここで荷物規定に注意してください!

Flixbus(フリックスバス)の荷物規定

Flixbus, フリックスバス, ロンドン, パリ, 高速バス, チケット, 購入, 荷物規定引用元:Flixbus

Each passenger is allowed to take 1 item of luggage (max. dimensions per item 80x50x30 cm, 20kg in total) labelled with their name and address, plus 1 item of hand luggage (42x30x18cm, 7kg).

フリックスバスの荷物規定はこの記事を書いている2019年7月現在上記のように決められています。

一人につき荷物は一つ、80x50x30 cm, 20kgまでを預けることができ、
車内に持ち込めるのも一つ、42x30x18cm, 7kgまでです。

それ以上の荷物を持ち込みたいときは、追加で荷物チケットを買う必要があります。

予約に進む途中で追加荷物(Additional luggage)の選択ができます。
この追加荷物は一つ20kgまでで3.99ユーロです。

Flixbus(フリックスバス)の座席は?

Eチケットを見ると、座席は自動的に決まっていました。
もし希望の席がある場合は、有料1.49ユーロでシートを押さえることができます。

Flixbus, フリックスバス, ロンドン, パリ, 高速バス, チケット, 購入, 座席指定引用元:Flixbus

Flixbus(フリックスバス)のキャンセルポリシー

フリックスバスはかなりキャンセルに対してフレキシブルだと思います。

下記要約すると、なんと出発の15分前までキャンセルがウェブサイト上で可能なのです。
返金はお金ではできないようですが、元のチケットの値段からキャンセル料を引いた金額分の12ヶ月有効なクーポンで返してもらえるようです。

You can make cancellations on our website under “Cancel & Change” or at one of our ticket outlets / travel agencies up to 15 minutes before departure. You will then receive a voucher in the amount of your original booking, less a cancellation fee per passenger and trip.
This fee will be shown to you during the cancellation process.
The voucher remains valid for 12 months and can be used repeatedly until the balance has been used up.

引用元:Flixbus – Cancel/change a booking

キャンセル料に関してもフリックスバスのサイトで明記しています。

キャンセル料は30日前までは無料、14日前まで1ユーロ、3日前まで3ユーロ、出発直前までで5ユーロ。
それでもお手頃なキャンセル料ですね!
詳しくはこちらのページにて。

Flixbus(フリックスバス)ロンドンのバス乗り場

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り場, バス停Photo by mimi

ロンドンのバス乗り場はVictoria駅のすぐ近く、Victoria Coach Station(ビクトリアコーチステーション)にあります。
フリックスバス以外のバス運行会社が利用する大きな駅です。
地下鉄の駅から少しだけ離れた場所にありますが、まっすぐ一本道なのですぐ見つかります。

ちなみに高速バスのことはCoach(コーチ)っていうんですよ。

コーチステーションの建物に入ってすぐ、電光掲示板があるので自分の便のゲートを探します。
掲示板がたくさんあるのと、ころころ表示が切り替わるので見つけるのちょっと難しいかもしれません。

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り場, バス停Photo by mimi

ゲート付近にはベンチが十分にあるほか、スタバなどの喫茶店や売店があるので、時間まで暇をつぶすこともできます。
飛行機ほど早く着く必要はないですが、私は念の為30分前には着くようにしました。

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り場, バス停Photo by mimi

いざフリックスバス車内へ!荷物は自分で載せる…!

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り場, バス停Photo by mimi

さて、いざフリックスバスへ。
ここでびっくりしたのが、荷物は自分で載せたのと、
車内に乗る時に確認をまったくされなかったこと!

ええ〜〜〜?

追加荷物のチケット購入したのにノーチェックかい!
と思ったんですが、
その後パリ〜ベルリンでもフリックスバスを利用した際はかなりきっちり確認されたので、時と場合と運転手によりそうです。
ちゃんと買っときましょう。

乗車確認はロンドンではしなかったのですが、途中出国審査後になぜか確認されました。

Flixbus(フリックスバス)の乗り心地は…?

ふつうの高速バスです。
しかし…私が乗ったバスは古かったのか、ケータイの充電プラグをさしても充電されなかったという、ちょっとしたトラブルがありました。
モバイルチャージャーを持っていたのでケータイの充電には困らなかったのですが。

そしてWifi!これもまた何でか繋がらなかったんですよね><
フリーWifiがフリックスバスではつながるって言ってるのに!

そしてこの日は満席で、もちろん両隣も人が座っているので身動きがとりづらかったのも事実。
高速バスらしいですね!

バス車内はほぼほぼフランス人だったと思います。
車内は英語でない言葉(たぶんフランス語)しか聞こえなかったのと、車内アナウンスがフランス語とフランスなまりの英語少々、と
まだ出発前なのに急にフランスになった感がありました。

Flixbus(フリックスバス)ロンドンからパリへのルート

バスでイギリスからフランスに行ったよ!というと
どうやって海越えたの?と必ず聞かれるし自分も疑問でした。

さらに、入国出国審査はどこでどうやるの??という最大の不安が。

イギリスでの入国審査・出国審査

入国審査・出国審査はイギリス側で行われます。

ロンドンを出て数時間後、イギリスのドーバー海峡に近づいたころ、とある建物にバスが止まります。

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, 出国審査Photo by mimi

そこで全員降ろされて、建物に入るとすぐに出国審査のカウンターが。
みんな慣れた様子でスタスタと歩いていくので、正直アナウンス聞き取れていなかったので私はただ列に付いて行きました汗。

荷物は車内に置きっ放しで、貴重品だけみんな持って行っていました。

出国審査はスタンプが省略されてスキャンのみ。
スタンプ欲しいって言ってみたんですが、無い。と断られました…

そしてまたすぐバスに戻って、またしばらく行ったところで今度は入国審査です。まだイギリスの国土なんですが。

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, 入国審査

ここではスタンプをもらいました!
イギリスの出入国審査は厳しいはずなんですが、このバスの旅ではなーんにも聞かれなかったです。

陸路で渡るとスタンプが車マークになるって知らなかったな。

私は帰りのチケットを持ってなかったので、出入国の審査で引っかかったら嫌だな〜、どうなるかな〜と不安だったんですが、まったく問題なく一安心。

フリックスバスでイギリス〜フランスの国境はどうやって越える?

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, 国境, ユーロトンネル

正解は海底トンネルを通っていく。です。
ユーロトンネルと呼ばれるこの海底トンネル。ドーバー海峡を横断します。
写真はこれからもぐるぞ!というところです。

トンネルっていうくらいだから、まあ普通にバスがトンネルを走るんだろうと思いきや。

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, 国境, ユーロトンネルPhoto by mimi

大きなハコ(列車)に複数台のバスや車を載せて運ばれます。
トンネルに入ってから全然動き出さない!ってそわそわしてたんですが、すでにトンネルを通っていました笑

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, 国境, ユーロトンネルPhoto by mimi

この中に入っていたんですね〜

トンネル入ってから急に車内が暑くなったので夏場は服装軽くしたほうがいいかもしれません。
ちなみにこの列車、トイレが付いてますが流れないというトラブルがありました…

フランスへ到着!サービスエリア、パリのバス停は

昼間のバスだと車内で一応寝るものの、うたたね程度なのでやっぱり長く感じます。

途中で2回くらいサービスエリアに止まりリフレッシュすることもできましたが、やっぱり長かったですね〜

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, サービスエリアPhoto by mimi
Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, サービスエリアPhoto by mimi

サービスエリアではレストランやスタバ、売店、もちろんトイレもありました。

サービスエリアで売っているものはどれも高く、コーヒーが一杯500円くらいとか…
食料・飲み物は持参したほうがいいですね。

15分くらい止まってたと思います。
明確に何時までって決まっていなかったのか、私が聞き落としたのかふわっとしていて
私は目印になる人をマークしてその人に引っ付いていってました。

パリのバス停Bercy(ベルシー)はどこ

Flixbus, フリックスバス, 乗り方, ロンドン, パリ, 高速バス, 乗り方, バス停Photo by mimi

ロンドンのビクトリアに比べると、え。。。ってくらいボロボロで荒んだ感じの建物です。(失礼)
写真だと伝わらないなぁ

ですが、降りるだけですし、すぐ近くのメトロのBercyはエレベーターもあるのでアクセスは良いかと思います。

Flixbus(フリックスバス)感想・注意点まとめ

フリックスバスに乗った感想としては、達成感と冒険感が味わえたな。です。
ユーロトンネルに入るあたりは遊園地のアトラクションのようなワクワク感もありましたし。

危険なこともなく、時間通りに着きましたし。
私は日本からイギリスに来た時に利用したエアチャイナより良かったんじゃないかと…

長距離だし8時間以上かかるけど、2,000円程度でパリにいけちゃうなんて、なんとお得なことか。
その分パリで使うお金に回せますしね。

注意事項と要点をまとめます!

  • Flixbusは2,000円くらいでロンドンからパリに行ける
  • ロンドンからパリへは8時間半くらいかかる
  • 荷物規定に注意
  • 出入国審査は簡単
  • 車内での暇つぶしグッズを用意すべし
  • 車内での餓えと乾きを防ぐ食べ物飲み物を用意すべし
  • モバイルチャージャーはあったほうが念の為いい
  • 重ね着で体温調節
  • むくみ対策もすべし

私は出国審査など初めてのことでドキドキしてその分疲れはしたんですが、この記事を予習にして安心してバスの旅をみなさんが楽しめればいいなと思います。