マルタ留学

日本から飛行機でマルタへ。行き方・所要時間完全ガイド

フライト

日本からマルタへは23時間もかかります。

自宅からだと一体何時間なんだろうか…。
考えたくもないですね!

 

その丸一日をどう過ごしたか、私なりの工夫も含めて本日は航路について、もう少し詳しくご説明します。

【成田発マルタ行きの旅程】
エミレーツ航空
往路:23時間10分

成田 22:00
↓ 11時間55分
ドバイ 04:55

ドバイ 07:55?  8時間15分マルタ  14:10

?については後ほど、、

 

成田まで

成田って遠いですよね、、都心からですら。

私は自宅から都心に出るまで1時間かかるので、さらにそこから空港までとなると3~4時間かかるわけです。

 

私は成田に行くときはいつも高速バスを使っています。
銀座or東京〜成田まで1,000円で行けるTHEアクセス成田を。

料金が安くて東京から乗りっぱなしで寝れるからラクです。

 

バスだと遅れるんじゃないか、、という心配もありますが、いままで10回以上は使ったことありますが、早く着いても遅く着いたことはないです。

油断は禁物ですが。

 

成田にて

成田にたどり着くまでも旅だし、夜発だし今回マルタまでこれから23時間もある!
ということで初めて空港のシャワールームを使ってみました。

 

出発前にすっきりできて良かったんですが、場所がややトリッキーです。

第二ターミナル出国手続き後、ずーーーーーーーっと奥に進み、吉野家の裏、という分かりづらい場所にあります。

 

とてもきれいでした。

シャワールーム

アメニティはリンスインシャンプー、ボディソープ、シャワーキャップ、バスタオル、フェイスタオル、あと500mlのペットボトルの水

30分で1,080円

のんびりはしてられないけど、頭も洗って乾かしたらちょうどよい時間ですね。

 

エミレーツ航空

評判に違わず快適なフライトでした。

あいにく写真など残して無かったのですが><
機内食もおいしかったですし、フライトエンターテイメントの映画の種類も豊富でした。

 

そしてCAがお美しい…
モデルさんみたいでした(*′▽`*)。+゜。

日系の航空会社やタイ航空(フレンドリー!)ほどではないですが、感じも良かったです。

 

アメニティもくれました。
ポーチの中に歯ブラシ、アイマスク、フェイスタオルなど。

 

ドバイにて

とりあえず広いです!!
到着から次の搭乗口までかなり歩きました。

広いんですが、分かりづらさはなかったです。

着いたのが午前5時ごろだったのですが、ドバイは24時間眠らない空港なので免税店も営業してましたし退屈することはないと思います。

 

時間通りに着いたので待ち時間3時間でシャワー使えたな〜と少々後悔。
ドバイには無料のシャワールームがあるそうですよ。

なぜこんなにシャワーシャワー言うかといいますと、同じ日に到着した方のホームステイ先が断水していて、到着した日もその次の日もシャワー浴びれなかったらしいので。。
用心深すぎですがそうなったら悲惨じゃないですか。

 

しかし約12時間のフライト。

そしてドバイ着く直前にけっこう揺れ、乗り物酔いしてしまいドバイ空港を楽しむ余裕はなく私は出発までベンチでぐったりしてました。

 

 

経由地『?』にて

なぞの経由地『?』の正体、、キプロスのラルナカでした。

というか寄港することをその地に着くまで私知らなかったんですよ。。
きちんとした方なら分かってるんでしょうが。

 

到着予定時刻よりだいぶ前なのに、なぜか着陸態勢に入っている何で!?
と冷静を装いながら心は動揺しっぱなし。

留学前の貧しいリスニング力のためアナウンスは聞き取れず。。

 

着陸後、どうやらここはマルタではないらしいことが分かり、乗客数人(私の周りはほぼ降りた!)と機内に残っていたらそのまま清掃が入り、、手荷物と乗客の突き合わせ確認をし、、

着陸から約1時間ほどで再出発。

 

往路も同様。
キプロスちょっと降りてみたかったんですが、マルタ行きの人は降りてはいけないそうなのでじっと待機します。

 

 

キプロス寄港についてどこにも書いてなかったよねって思ったら
Eチケットに小さく書いてあった!

ラルナカ

 

気づかなかった人は私だけではないと思うんですよね、、
どうでしょう。

私のように知らん空港に着陸したっ!!とテンパりませんように、、ないか。

 

 

マルタ ルア空港にて

ルア空港

Luqaと書いてルア、です。
ルカではなく。

今回の私の場合は飛行機が遅れることも早く着くこともなく、学校手配の送迎のタクシーにも無事出会うことができ、ありがたいことに何の問題もなく滞在先に着くことができました。

 

入国審査でも何も聞かれず税関もするっとX線検査機にかけただけ。
(知人は混んでたからスタッフに『通さないで出ていいよ』って言われたらしいですが、、)

 

ユーロに両替せずに日本を発ったので、送迎のドライバーさんにちょっと待ってもらって空港のATMからクレジットカードでユーロを引き出しました。

 

滞在先の近くにATM無かったら困るし(ありましたけど)、海外のATMってむきだしだから怖いじゃないですか。(その後数回利用することに。マルタは安全なので怖く無かったです)

 

何も言わないとドライバーさんもさっさと仕事終わらせたいはずで、すぐ連れて行かれますので両替したいむねは早いところ伝えましょう。