日記

2020/1/17 ドイツ日記 〜 ベルリンの歩き方

この週末は初めてくらいにまとまった時間ベルリンを観光というか、遊びました。
クリスマスよりfantastischだった4日間。

一人で活動するのも気楽だけどやはり共有できる誰かと行動するのってかけがえのないひとときですよね。

週末の街ぶらでやったこと

友達が遊びに来てくれた。

ガチガチの観光じゃなくて主に街歩きです。
完全に私の趣味でお送りしてしまった。
それでよかったのか、今になって不安という。楽しんでくれたのだろうか、、
いいやつだから超楽しかったと言ってくれたけども。

Jazzバーめぐり

友達がジャズ好きということで、行ってまいりました。

ZoologischerにあるA-TraneとSchönebergにあるZig Zag Jazz Club

A-Traneは狭いバーでわいわいガヤガヤと混み合っていて、ジャズはおまけで楽しめる感じ。
Zig Zagは予約が必要で、着席してしっかりジャズを楽しめるかんじ。
予約は当日はいっぱいで、少なくとも前日までにしないとダメみたいですね。

と全く雰囲気の違うジャズバーでそれぞれの楽しみ方をしたのでした。

美術館めぐり

グロピウスバウハンブルガー・バーンホフに行きました。

ブロピウスバウでは併設のカフェでごはん食べました。
ビュッフェでいろいろ選べて楽しい。

ハンブルガー・バーンホフは元駅校舎を利用しているとあり、めちゃくちゃ広い。
2〜3時間かかることを覚悟しなくていはいけません。

敷地のはずれに巨大なコンテナがあり、そこも展示スペースになっているのですがそれが美術館もう一件分くらいあるわけです。
今回はクローズしていて、もはや助かったわ、、と安堵いたしました。

カフェめぐり

カフェばっかり行きました。

やはりカフェはコルヴィッツプラッツ近辺が一番好きだな。
気になっていたButterNo Fire No Gloryに行けたのがよかった。

あと私のお気に入りSteel Vintage Bikes Café

味どうこうより雰囲気ですね。カフェは。

お店めぐり

Bikini Berlinローゼンタラープラッツあたりをうろうろ。

Bikini Berlinついでにカイザー・ヴィルヘルム記念教会に初訪問。
こんなモダンで美しい場所だとは思わなかった。
プラネタリウムのようなガラスの壁は感動いたしました。

ところでその友人はアメリカ人なのですが、店入るたびにHi, how are you doing?って超ナチュラルに店員さんに毎度聞くんですね。

聞きますと相手がほんとに元気かどうかは、まあどうでもいいと。ただの挨拶だと。
私はアメリカに行ったことないのですが、アメリカっぽいわ〜と思った瞬間。

誰とでも雑談はじめちゃうし。
フレンドリーでいい文化だと思う一方でみんなこんな調子だったらめんどくさそうだな、、と思う冷めた心の私なのであった。
ドイツは自分にとってちょうどいい気がします。
ドイツというかベルリンは基本ほっといてくれるけど話せばみんな親切。

 

他にもいろいろあったけど、まあだいたいこんな感じ!
こうして振り返るとほんとに観光地は全然行かなかったな汗
けどベルリンに住んでる目線の楽しみ方を提案できたかな〜と思います。

Sponsored Link