日記

2020/1/12 ドイツ日記 〜 現実的な夢を見れるようになるのはいいことだ

ベルリンにしかいないんだから、ドイツ日記というのは違うだろうとふと気づく。

この週末の出来事。
ハゲからの連絡もなく、非常に穏やかでありました。

天気も良くって比較的暖かい。
ドイツの冬はしんどい説どうした?という感じ。
地球温暖化かな、、

週末やったこと

タンデム

最近知り合った大学生の男の子。
この子はタイとドイツのハーフで、もう一人のタンデムの子はイエメン出身、とベルリンの多様性を感じる。

KollwitzplatzにあるDuy Thaiというタイ料理屋でご飯食べながらタンデムった。
この子とも、もはやただの友達。

パッタイ。

イエメン出身の子は外国語としてドイツ語を勉強したから、同じ外国人としてとてもわかりやすいドイツ語を話すのですが、彼はベルリン生まれベルリン育ちなので話すの早いし発音がリアルでトリッキーである。

自分の語学レベルが低いうちはネイティブに教わらないほうがいいという持論があったんだけどな、、
まあ、楽しいのでよきです。

ダンス

ZUMBAです。
この日はめちゃくちゃ混んでいて、みんなの熱気で鏡が真っ白に曇ってた、、
New year resolutionのせいだっ

日本人の友達(家探し中)も通っているのでこの日は毎週情報交換会になる。
やっぱベルリンでいい家を見つけるのは大変だよね〜って話。

家は見つかるが、「いい家」は見つからない。

Personal statement

まだやってんのかーいっていうね。

長いので削るべき部分探し。
なんかよく分かんなくなってきたこともあり、逆に日本語に直して一貫性を確認するという作業。
そしてgrammarlyで文法チェック。

自分の今までの全経験を振り返り、現実にしがみつき登ってやろうという根性がかつてはあったんだなあと思う。今?ない。
そんなの二十代で物を知らないからこそ、素直で夢みててバカだからこそできるんだな。

余談

Dorschleber(タラの肝)の漬け油を切ってから、しょうゆとお酢をかけると、あん肝的な食べ物になります。

明日やること

  • Personal statement
    印刷して最終確認したら、添削をお願いする。
  • Study proposal

Sponsored Link